2013年06月16日

deviation firmware インストール方法(DEVO 7E)

今更ですが、新品のDEVO 7Eを手にする機会があったので、
改めて手順を書いてみようと思います。

<用意するもの>
・deviation firmware
 2013年6月時点で最新のv3.0.0はこちらです。
 ・ファームウェア本体:
  http://www.deviationtx.com/downloads-new/category/22-deviation-3-0-0?download=51:deviation-devo7e-v3-0-0
 ・ファイルシステム:
  http://www.deviationtx.com/downloads-new/category/22-deviation-3-0-0?download=58:deviation-fs-devo7e-v3-0-0


 上記リンクにない場合はここから、ファームウェア本体と、ファイルシステムを拾ってきてください。

 ・Devention Dfuse USB Upgrade Tools http://www.walkera.com/en/updater.php
  上記リンクのV1.7のものを使用しました。

いつのまにか公式サイトからDfuseがなくなっているようですね。
  こちらのサイトにあるようです。
  https://mega.co.nz/#!NN8ClSYC!HS0mCJTgmXKpi3fcYDAOGTeendy1Niq36E3duj-27qU

<アップデート>
 1.Devention Dfuse USB Upgrade Toolsをインストールします
 2.DEVO 7EとパソコンをUSBで接続し、EXTを押しながら電源ON
  (ENTじゃないよEXT)
 3.スタートメニュー
   → devention Upgrade Tools → DfuSe USB Upgrade を起動。
 4.下図のように、拾ってきたdeviation firmwareのdfuファイルを選択して、
DfUse1.jpg

  ”Upgrade”ボタンをおす。
 DfUse2.jpg
 5.警告メッセージみたいなのは”はい”と答える。
DfUse3.jpg
 6.”Upgrade successful!!”と表示されたらQuitでDfuSeソフトを終了させ、
  電源を切る。

<初期設定>
 1.DEVO 7EとパソコンをUSBで接続し、ENTを押しながら電源ON
  (今度はEXTじゃないよENT)
 2.初回は、下図のように”フォーマットしますか?”と聞かれるので、
  ”ディスクのフォーマット”を選ぶ。
DfUse5.jpg
 3.フォーマットが終わると、DEVO 7Eがリムーバブルディスクとして
見えるようになります。(我が家の環境ではEドライブでした)
   このリムーバブルディスクに、次のファイルを放り込みます(順番は重要みたい)
   ・ファイルシステム(v3.0.0ならdeviation-fs-devo7e-v3.0.0.zip)
    を解凍した中身全部。
   ・プロトコル ファームウェア本体のprotocolフォルダ。

   結果として下図のようになってればOKです。
DfUse6.jpg

<おわり>
・あとは、再起動して動作確認してください。
 多分動くと思います。

<おまけ>
・こちらで使用してたv3.0.0用のデータをおいておきます。
 モデルメモリの作り方がわからない方は参考にしてください。
 機種はSuperCP、V911、mSR、9958、HubsanX4、Simulator(PPM out)が登録してあります。
 変な設定のもあるかもしれないですが、ご勘弁を・・・
 devo7e.zip

・DSM2でスロットルとエレベータが入れ替わる場合があるとコメントを頂きました。
 モデルデータで無理やりチャンネルを入れ替えればいけそうなので、
 参考までにモデルデータをアップします(model7.iniが編集前、model9.iniが編集後)
 ちゃんと飛ぶデータでない可能性が大きいので、設定は各自見直しお願いします。
 dsm2_model1_7.zip

・オリジナルのファームウェアはこちらのサイトにアップされているようです。
 (私自身は未確認ですので、自己責任で・・・(^^; )
http://rc.fdr.hu/devo.php
posted by pc9801vm at 17:12| Comment(19) | deviation firmware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
pc9801vmさん、こんにちは

ブログへのコメント&情報提供ありがとうございました。

また、deviation firmware インストール情報の掲載まで感謝感激です!
すぐに対応可能かちょっと解りませんけど、永い目で見てやって下さい。

今後とも宜しくお願いいたします。
Posted by vuvu at 2013年06月17日 09:06
vuvuさま

コメントありがとうございます。
deviationの解説は、たまたま何故か2台目を
ゲットしてしまったので描きました。

参考になれば幸いです。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by pc9801vm at 2013年06月17日 23:47
pc9801vmさん、はじめまして。
DEVO7Eに、DeviationFirmwareを入れようと思い立ち、こちらのブログがとてもわかりやすかったので、ブログのとおりインストールしました。バージョン4.0.1です。
手持ちのWalkera CB100は、バインドも問題なく、フライトもスムーズにできました。次に、プロトコルDSM2にして、超小型機をテストしたところ、スロットルとエレベータが入れ替わって動作します(Mode2の動き)。
もちろん、スティックモードはMode1ですし、この超小型機は、JR PCM9XU+TD2.4LPで問題なく動作していたもので、DSM2の受信機は、DTのRX34というものです。
DSM2では何か特別な設定がいるのでしょうか?
また、Blade msRではすんなり動作したのでしょうか?
Posted by majesty at 2014年06月15日 10:43
majestyさん、こんにちは。
私の記事が参考になったようで嬉しいです。
DSM2の件ですが、私が使っていた3.0.0では
特に問題ありませんでした。
(mSR, nanoCP共に。MODE2ですが・・・)

折角なので4.0.1にアップデートして、
試してみましたが、確かに仰るような症状、ありますね。

本家のフォーラムでも話題になっていました。
http://www.deviationtx.com/forum/3-feedback-questions/2673-7e-dsm2-mode-1-mode-2-reversed

DEVO等はEle-Ail-Thr-Rudの順にマッピングされているのに対して、
DSM2はThr-Ail-Ele-Rudという順番なのが原因なようですが、
よく分かりません。

とりあえず、現物あわせでMODE2にしちゃう。
というのはどうでしょうか?
Posted by pc9801vm at 2014年06月15日 23:04
pc9801vmさん、こんにちわ。
さっそくの回答、ありがとうございます。
やはり、私の環境だけの問題ではないようですね。
DSM2の時は、受信機側でCH1とCH3を入れ替えればいいのですが、上で書いたRX34という受信機は、便利なことにCH1にブラシモーター用のアンプが内蔵されていて、これを使っています。
CH3側をスロットルにすると、別にアンプが必要になり、少し重くなるというデメリットが出てきてしまいます。
上で公開していただいている設定ファイルを参考に、modelファイルを弄ってみようと思います。
今後とも、よろしくお願いします。
Posted by majesty at 2014年06月16日 09:13
majestyさん。
昨日は実機がなかったので、もう一度実機にて確認してみました。
相手はnanoCPです。

結果、mode1、mode2共に問題ありませんでした。

Transmitter menuの中のChannel monitorで確認すると、
Channel1がスロットル。
Channel3がエレベータ。
Channel6がピッチ。
となっていました。

他のプロトコルとChannel1<->3の割付が、
DSM2では逆なのでそのせいかも知れません。

モデルデータをいじくれば、
Ch1とCh3を入れ替えることは可能です。
参考までに、編集したデータをブログ記事にアップしたのでどうぞ。
ファイル名:dsm2_model1_7.zip

model7が編集前で、model9が編集後です。
WinMerge等で差分を比べると分かると思います。

でもなぜかStandardミキサーではスロットルカーブが死んでしまいました。

注意点としてはミキサーを、
Advanced->Standardに戻すと、元に戻ってしまう点です。


Posted by pc9801vm at 2014年06月16日 22:41
pc9801vmさん、こんにちわ。
実機検証までやっていただき、ありがとうございます。
こちらでも独自に、model.iniをいじったり、その他、いろいろ設定を変えたところ、DSM2では、Channel1->THR、hannel3->ELEで動作するようになりました。
Transmitter menuでもChannel1スロットル、Channel3エレベータになってます。
ところが、今度はWK2401プロトコルでCB100を飛ばそうとすると、Channel1がエレベータ、Channel3がスロットルになり、今のところmodel.iniを弄っても逆にできていません。
うーん、?????
本家のフォーラムでは、Templateを4chsimpleにする、と書かれています。
これまでいろいろ設定する中で、どこかで4chsimpleに設定する場面があったように記憶してますが、どこで設定したか、思い出せません。
いずれにせよ、しばらくは遊べそうです。
Posted by pc9801vm at 2014年06月17日 09:22
pc9801vmさん、上のスレでPosted by pv9801vmと書いてしまいました。すみません。
追記です。
http://www.deviationtx.com/forum/3-feedback-questions/2673-7e-dsm2-mode-1-mode-2-reversed
のリンク先の
http://www.deviationtx.com/forum/3-feedback-questions/2672-full-throttle-when-7e-tx-turned-off#19076.
の中でrbe2012さんが書いている
-load template for plane(simple 4 channel or airplane 6 channel)
の設定方法のことです。
Posted by majesty at 2014年06月17日 09:56
majestyさま。

>CB100を飛ばそうとすると、Channel1が
>エレベータ、Channel3がスロットルになり
正しいと思いますが、これで飛ばないのでしょうか?

Channel1スロットル、Channel3エレベータ
なのはあくまでDSM2の時だけです。

確認ですが、modelデータはdeviation firmware付属のものでしょうか?
よくわからないときは一度フォーマットして
付属の物を入れてやりなおすとうまくいく場合もあります。

テンプレートの読み込みは、
model loadのメニューを選択してTemplateにすればよかったと思います。
Posted by pc9801vm at 2014年06月17日 12:35
pc9801vmさん

>Channel1スロットル、Channel3エレベータ
>なのはあくまでDSM2の時だけです。
すべてのプロトコルで一様に右スティック->スロットル、左スティック->エレベータにしたいです。

>確認ですが、modelデータはdeviation firmware付属のものでしょうか?
はい、そうです。

>model loadのメニューを選択してTemplateにすればよかったと思います。
やってみます。

アドバイス、ありがとうございました。
Posted by majesty at 2014年06月17日 13:17
pc9801vmさん、こんにちわ。

お陰様で、うまくいきました。
まず、すでにうまくいっているDSM2のmodel.iniをPCにバックアップしておき、次に、プロポのすべてのファイルを新しく入れなおし、CB100のための設定をすると、CB100では問題なく動作しました。
その後DSM2のmodel.iniをプロポに戻したところ、DSM2でも問題なく動作しました。
どこかのファイルが壊れていたようです。
重ね重ね、お世話になりました。
まずは、ご報告まで。
Posted by majesty at 2014年06月18日 09:22
majestyさま。

無事、復旧できたようでなによりです。
是非、楽しいdeviationを!
Posted by pc9801vm at 2014年06月18日 21:25
お世話になります。

早速で申し訳ありません。

当方のファームウェア本体は、DEVO7E初期β版で、それなりに動く?と思っていますが、バージョンアップを考えており、場合によっては元に戻すことも考えています。

しかしながらβ版のファームウェア本体が現在、手元になく本家HPでも既に削除されているようです。

現ファームウェア本体の保持、保存、復活方法等、お解りでしょうか。

宜しくお願いします。


Posted by watayan at 2014年10月13日 14:23
watayan さま。

うーん、すみません。
現状送信機に入っているファームウェアをバックアップ用に引っこ抜く方法は分からないです。

DEVO7E用のβというとV3.0.0以前だと思いますが、
私の記憶ではβ→V3.0.0正式版にするときは特に問題なかったと思います。
V4.0.0にしたときは一緒にモデルデータを入れなおしたので分かりませんが・・・

どちらにしても、最低限モデルデータのバックアップはしておいたほうが良いとは思います。

β版ですが、当方のHDD内に
deviation-devo7e-8a460335ff36.zip
deviation-devo7e-3930f56f71d2.zip
deviation-devo7e-600129b9c716.zip
というβ版が残っていました。

今となっては使えるものか分かりませんが、
必要でしたら、どこかにアップロードします。
Posted by pc9801vm at 2014年10月13日 15:47
pc9801vmさま。

早速の連絡有難うございます。

V3.0.0の場合、ファイル名とDEVO7E上のバージョン表示は同一でしょうか。

当方のDEVO7E上のバージョン表示は、Deviation FW version devo7e-b76ac7445568 です。
お持ちのどのファイルが該当するのか、しないのか、ご存知でしょうか。

当方も調べてみますので、また宜しくお願いします。
Posted by watayan at 2014年10月13日 16:46
初めまして、pc9801vmさま。

当方もDEVO7Eの使用者ですがdeviation変更前のデータをお持ちではありませんか?

お持ちでしたら、アップロードして頂けると幸いです。
オリジナルのバックアップデータをとりそこねまして・・・。

こちらでアップロードしているv3.0.0用を問題なく使用させて頂いております。
Posted by hiro at 2015年09月14日 08:15
始めまして。
やっとdeviation可に成功しましたが、super cpとのバインドのやり方が分かりません。
良かったら教えてください。
Posted by kei at 2015年09月14日 21:48
ファイルシステムのリンク先を貼ってくださっていましたが、どれがファイルシステムなのか分かりません、教えてくださるとたすかるんですが,よろしくおねがいします。m(__)m
Posted by Hot hart at 2015年12月12日 20:59
Hot hart様

コメありがとうございます。
いつの間にかリンク切れしていたようですね。
貼りなおしておきました。
ちなみに、deviation-fs-devo7e-v3.0.0.zipというのがファイルシステムになります。
最新はバージョン4なので今となっては古い記事となってしまいますが、普通に飛ばす分には支障はないので、参考になれば幸いです。
Posted by pc9801vm at 2015年12月19日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: