2013年04月21日

ついでにヘリオスの送信機も分解してみた。

S氏からの頼まれ品のヘリオス。
検品ついでに見てたら、開けたくなってしまいました。
(S氏、ごめんよ。でも、どうせ早かれ遅かれ分解するよね?)

現状、純正送信機でしかバインドできないとの噂のヘリオス。
中身はどうなってるの?と、思ってみたら・・・
IMAG0207+1.jpg
BK2421という送受信チップが使われていました。

このチップは、nRF24L01のクローンチップのようです。
ただ、起動時に初期化が必要なのが違いだとかで・・・

で、deviationのforumを見ると、WLのV202がやっぱりBK2421を使ってるとやらで、
戦っておられるお方がいらっしゃいました。
http://www.deviationtx.com/forum/protocol-development/1647-v202-protocol#8611

なんか、議論は増えすぎちゃった追加モジュールをどうdeviation firmwareで処理するか、
いっそのこと基板おこしちゃろうか〜とか、そういう方向に進んでいるみたいですが・・・(^^;
posted by pc9801vm at 01:05| Comment(2) | 送信機遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わーい分解する手間がはぶけた!
チップ自体の制御コマンドは十分わかってるみたいだけど、それとは別に各社のプロトコル解析は必要なので、複数機種が同じ送信機で飛ぶようなプロトコルじゃないと解析する人も効率悪いだろうし…

nRF24L01はV922やらのHiSkyプロトコルが使ってると思うので、そっち方面では解析中の人はいっぱいいそうだけど、まだ解明されたような話は見かけないやねー。
Posted by sachiho at 2013年04月21日 18:07
他には、Solo 260A用のがAVRで動いたから、
移植してくれってのがあったけど。
http://www.deviationtx.com/forum/protocol-development/1207-solopro-260a-nordic-nrf24l01-spi-module#9060

とにかく増えたモジュールをどう切り替えるかが、PBさんの悩み(=興味のネタ)のようですね。
Posted by pc9801vm at 2013年04月21日 19:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: